松江市

菊竹清訓設計の島根県立美術館は日本の夕陽百選にも選ばれた鑑賞スポット。アートを鑑賞しながらサンセットを待つ優雅な1日!

美しく雄大な宍道湖(しんじこ)に囲まれた島根県松江市は、「水の都」とも呼ばれています。

松江の象徴的な風景といえば、宍道湖に沈む夕日です。宍道湖畔に建つ『島根県立美術館』は「日本の夕陽百選」にも選ばれた夕日の鑑賞スポットです。

日本の夕陽百選に選ばれた島根県立美術館

#島根県立美術館 #夕陽

Yoshikoさん(@yoshichan39)がシェアした投稿 –

夕日と共に人気なのが、『島根県立美術館』の野外にある、無料で鑑賞できる野外彫刻です。特に12羽で一つの作品「宍道湖うさぎ」は女性や子ども中心に大人気です。

『島根県立美術館』は松江駅から、徒歩15分ぐらいの場所にあります。

菊竹清訓設計の優雅なデザイン

宍道湖畔に沿うように、水面と大地をつなぐ「なぎさ」をイメージした波状の建物は、大阪万博の「エキスポタワー」や「江戸東京博物館」などを設計したことでも知られる菊竹清訓が設計しました。

レストランも併設。うさぎスタンプを集めよう

宍道湖うさぎ

magatamaさん(@maga67)がシェアした投稿 –


『島根県立美術館』の1階のエントランスロビやキッズライブラリーは無料で開放されています。また、併設のイタリアンレストラン・「レストランテ・ヴェッキオロッソ」も観覧券なしで利用できます。

エントランスロビーにある「うさぎのスタンプ」も人気です。12羽の「宍道湖うさぎ」のうち、3つのポーズがスタンプになっており、自由に組み合わせて押せるのが楽しいです。

島根県立美術館のイメージカラーはブルー

用事のついでに寄り道してリフレッシュ♪ さぁ仕事だ!

HEY_FUJIさん(@hey_fuji)がシェアした投稿 –

インクの色は、宍道湖の色、そして島根県立美術館のイメージカラーでもあるブルーです。記念にスケジュール帳に押して帰るのもおすすめです。

1階のエントランスロビーから湖畔の野外エリアへは出入り自由で、入場料もかからないこともあり、宍道湖の波が打ち寄せるなぎさは市民や観光客の憩いの場になっています。

薮内佐斗司作のブロンズでできた12羽のうさぎ、「宍道湖うさぎ」が湖畔を元気に跳ねています。

島根県のアート鑑賞なら島根県立美術館

島根の思い出① 2018/03 by PowerShot G7 X #島根 #島根県立美術館 #宍道湖うさぎ #宍道湖 #夕日

写真部 日常科さん(@kimagure_diary_20180710)がシェアした投稿 –


大きさもほぼ実物大で、大人から子供まで大人気です。

夕日が落ち始める前から、たくさんの人がのんびりと、アートを鑑賞しつつ、夕日が落ちるのを待っています。1日の終わりをこんな風に和やかに過ごすのも良いですよね。

お互いの似顔絵を描いてた。ねっこちゃんの手が(笑) #しまねっこ #ぐんまちゃん

さつこさん(@satsuko0326)がシェアした投稿 –

施設名 島根県立美術館
ジャンル 美術館
TEL 0852-55-4700
ホームページ 島根県立美術館ホームページ
住所 島根県松江市袖師町1−5
交通手段 詳しくは島根県立美術館ホームページよりご確認下さいませ。

関連記事

  1. 鹿足郡

    ただいま!と言いたくなるアットホームな「津和野温泉宿わた屋」調理水は青野山の湧水のみ!地元の食材にこ…

    島根県津和野町にある旅館「わた屋」はおもてなしの心が至るところに感じら…

まとめ記事

カテゴリー

facebook

  1. 四万十市

    すぐ近く四万十天文台から天体観測ができるホテル星羅四万十!お部屋や大浴場からも一…
  2. 高槻市

    我が家の食パンはここ!阪急高槻駅前すぐのパン屋さん「レモンド」のご紹介!パンドミ…
  3. 善通寺市

    歯折れてない?テレビで話題の創業100年以上「熊岡菓子店の堅パン」は行列必死!午…
  4. 京都市

    京都二条城の床に秘められた謎「うぐいす張り」の床のきしみが意味するのは何?
  5. 十和田市

    滝は高さだけじゃない!?幅20mで圧巻の水量を楽しむ滝!十和田湖の神秘を守る番人…
PAGE TOP