丹波の道の駅おばあちゃんの里で黒豆そばと黒豆ジェラートを食べよう

  • 2024年4月24日
  • 2024年4月29日
  • 兵庫県
  • 78view

こんにちは!LOVE丹波編集部です。ライターの私がまだ京都に住んでいた頃、私と子供、親の3世代で、車を利用して丹波まで観光に行きました。丹波というと断然「黒豆」のイメージが強く、行くからには本場の黒豆を食べてみたい!という意見が3世代で一致したため、黒豆を使った食べ物を求めて行きました。

丹波で黒豆を買うなら丹波おばあちゃんの里へ

訪れたのは、道の駅丹波おばあちゃんの里です。行く前からホームページでリサーチしていたため、ナビですぐにたどり着くことができました。私たちは元々津々浦々の道の駅に寄るのが大好きで、丹波にも道の駅がないか楽しみにしていたのです。

私と親のお目当ては、黒豆そば!子供のお目当ては黒豆きなこのジェラートでした。ホームページで見た時から、テンションが上がって仕方なかったので、到着するなり駆け足でお店に入りました。

大きな芝生の公園も併設

道の駅丹波おばあちゃんの里は道の駅にしてはとても広々した施設で、木の香りが漂ってくる居心地の良い建物です。施設の隣には、広い芝生があり、滑り台なども設置されていました。

「あそこで遊びたい!」と目を輝かせながらはしゃぐ子供を落ち着かせながら、私たちはまず腹ごしらえです。さっそく丹波でしか食べれなさそうな「黒豆そば」を堪能しました。

ランチは黒豆そばがおすすめ

そば自体にも栄養素が豊富に含まれているというのに、黒豆がプラスされていることから、私たちは黒豆そばを食べるという行為だけで健康になれる気がして、本当にウキウキしたのを覚えています。

運ばれてきたときは、嬉しさいっぱいでした。その日の蕎麦の数が限られている、ということだったので、ありつけてとてもラッキーでした。私はゴボウとあさりの炊き込みご飯付きのセットを選んだのですが、そちらも美味しくて、ざるそばとの相性がとても良かったです。

黒豆の風味が口に入れた瞬間に蕎麦からも感じられて、今まで体験したことのない、この上なくヘルシーな蕎麦体験が3世代で出来ちゃいました。

黒豆きなこのジェラートも濃厚

その後は子供のお待ちかね、黒豆きなこのジェラートへ。嬉しさ余ったのか、子供は自分から大きな声で注文していました。このようなヘルシーなジェラートを食べられるのは本当に贅沢な体験だなぁ、と思いながら外の広々とした芝生エリアで気持ちよくデザートを食べました。

3世代で最高にヘルシーで楽しい道の駅体験が出来ました。お土産のお菓子屋や産地直送の野菜、焼きたての黒豆パンにお酒など、色々な地元の食材が楽しめるのが道の駅丹波おばあちゃんの里の魅力。ぜひ観光に行った際にはお土産を買いに、またはランチに行ってみてくださいね。

店名道の駅 丹波おばあちゃんの里
ジャンル道の駅
住所兵庫県丹波市春日町七日市710
交通手段春日インターチェンジ下車すぐ。高速出口「春日インター前信号・右折」
営業時間営業時間 8:30~18:00
フードコートラストオーダー 17:00
※全館時短営業中9:00~17:00
定休日年中無休
決済方法カード利用可
駐車場
喫煙完全禁煙
屋外喫煙所あり
検索するGoogleを開く
写真を見るインスタグラムを開く
グルメサイトでチェック食べログを開く